「パワハラ親父と授かり婚」【パワハラ親父】宮島葉子

スポンサーリンク




 

父親と娘の関係

これは、いつの時代も難しいですね、、、

 

 

娘が、突然男の人を連れてきて

「この人と結婚したい」って言ったら、、、

 

 

冷静でいられる父親なんているのでしょうか?

すぐにOKしてくれる父親なんているのでしょうか?

 

 

今日は、そんな「父と娘」のお話です。

 

 

パワハラ親父

 

 

ある日のこと、娘かなみが男性を連れて、

父に、「結婚っしたい人」だと紹介します。

 

 

ところが、その男性は、初対面ではなく、

父の部下だったのです。

 

 

父は、「俺の部下の中で、一番できの悪いヤツ」と言い、

絶対娘をやらないと怒鳴り飛ばします。

 

 

「オレがおまえに、娘を宜しくなんて頼めるか!」

「給料ドロボーのおまえに!!」

 

 

「上司の大事な一人娘を狙うとは、不届き千万!!!」

と、たたみかけます。

 

 

「いったいどうやって、娘と知り合ったんだ!?」

と、どらり散らす父に、かなみは言います。

 

 

じつは、父がベロベロに酔っ払ってしまって、

彼が家まで送ってくれたこと。

 

 

終電がなくなって、朝まで話し込み、

とても気が合ったこと。

 

 

その時、かなみが出した肉じゃがが美味しくて、

感動したこと。

 

 

ところが、その肉じゃがは、

お母さんが作ったものでした、、、

 

 

【パワハラ親父と授かり婚】をスマホで、無料試し読みする方法はこちら>>>

 

 

父の反撃

 

 

ある日、自宅の電話に、

福沢から電話がかかってきます。

 

 

父が電話に出て、相手が福沢だと分かると、

嫌がらせが始まりました。

 

 

自分に用かととぼけたり、

取り次ぐのを渋ったり、、、

 

 

福沢が、日曜日に、映画に誘いたいと言えば、

突然、接待ゴルフを入れ、同行させようとします。

 

 

かなみが責めると、

今度は、福沢を転勤させ、二人を裂こうと画策します。

 

 

「考えなし」

 

 

福沢は福沢で、人は良いのですが、

あまり仕事ができるほうではありません。

 

 

取引先の専務の髪型を、

個性的ですねとじろじろ見て、、、

 

 

あとで、それがかつらだと分かり、

専務からは、敬遠されます。

 

 

かなみの父に、かなみが自分のことを、

どう言っていたか聞かれると、

 

 

「わがままで、横暴で、酒癖が悪く、足がくさい、、、」

と、正直に答え、かなみの父から怒鳴られます。

 

 

あきれ返ったかなみの父は、

福沢を「考えなし」と言い、嘆くのでした。

 

 

【パワハラ親父と授かり婚】をスマホで、無料試し読みする方法はこちら>>>

 

 

次回「パワハラ親父と授かり婚」【授かり婚】のネタバレはこちら>>>

 

 

スポンサーリンク