「パワハラ親父と授かり婚」【授かり婚】宮島葉子

スポンサーリンク




 

 

前回「パワハラ親父と授かり婚」【パワハラ親父】のあらすじはこちら>>>

 

 

ある日、かなみが男性を父親に紹介し、

「この人と結婚したい」と言いました。

 

 

しかも、あろう事か、父の部下で、

「一番できの悪いヤツ」だったのです。

 

 

父は、絶対娘をやらないと言い、

部下福沢への嫌がらせが始まりました。

 

 

不安

 

 

かなみと福沢が、結婚式の打ち合わせをしていると、

すぐ会社に戻るよう電話がかかってきたり、

 

 

日曜日にデートしようとすると、

今週は接待ゴルフ、来週は出張と予定を入れられ、

 

 

父に邪魔をされてばかりで、

デートもままなりません。

 

 

かなみが父に詰め寄ると、

こんなことでダメになる結婚なら、止めてしまえといわれる始末。

 

 

父の嫌がらせがエスカレートするので、

福沢の気持ちが変わらないか心配です。

 

 

母に相談しますが、

意外な答えが返ってきます。

 

 

父に反対されるのは、

想定内だろう、、、と。

 

 

福沢となら、この状況を、

乗り越えられると思ったのではないのか、、、と。

 

 

転勤

 

 

サンフランシスコ支社の一人が病気で入院し、

誰かを送らなければならないことになりました。

 

 

転勤間もない者、病気の母と二人暮らしの者、

なかなか適当な者が見当たりません。

 

 

福沢に白羽の矢が立ち、

最低2年は帰れないと告げられます。

 

 

かなみは、父の嫌がらせだと、詰め寄りますが、

決定は覆りません。

 

 

かなみは不安で不安でしかたがなく、

福沢の気持ちを確かめますが、、、

 

 

福沢の決意は固く、

転勤への覚悟もできていました。

 

 

【パワハラ親父と授かり婚】をスマホで、無料試し読みする方法はこちら>>>

 

 

妊娠

 

 

かなみと福沢。

不安と感動が渦巻く中、、、

 

 

かなみの妊娠が発覚し、

父に報告しに行くことに、、、

 

 

父は激怒のあまり福沢を殴り飛ばし、

「すこし見直しかけていたのに、、、」と嘆きます。

 

 

「先に籍だけでも、、、」

の言葉に、怒り心頭に発したのでしょう。

 

 

かなみは福沢のことが、心配で不安ですが、

福沢は、かなみの父を好きだと言い、安心させます。

 

 

小さな手

 

 

父は、かなみが小さかったころのことを、

思い出していました。

 

 

小さな手で指を握られたこと。

その小さな手に、どんな不幸も握らせないと誓ったこと。

 

 

その小さな手の感触は、

今でも忘れることができません。

 

 

二人の結婚は、許してもらえるのでしょうか?

福沢は、サンフランシスコに行くのでしょうか?

 

 

かなみは子供を産むのでしょうか?

父と娘の確執は取れるのでしょうか?

 

 

この先の展開が楽しみでなりません。

ぜひ読んでみてください。

 

 

【パワハラ親父と授かり婚】をスマホで、無料試し読みする方法はこちら>>>

 

 

 

 

スポンサーリンク