「新婚初日に離婚危機」【夫の過去】宮島葉子

スポンサーリンク




 

時代はバブル

 

 

令和になった今、昔懐かし、

世の中が、元気いっぱいだったころ、、、。

 

 

そう、「失われた20年」、、、

いや、「失われた30年」の前。

 

 

時は1988年、バブル真っ只中。

日本中が好景気に浮かれ、誰もが仕事を、遊びを、謳歌していました。

 

 

男性も女性も、頭の中は「恋愛」で、

誰もが、幸せな「結婚」を夢見ていたのです。

 

 

学生時代は、青春を満喫し、

したい放題、遊び放題。

 

 

そして、何食わぬ顔をして、

条件の良い男性を見つけて、

 

 

そのままゴールイン!

これがこの時代の鉄則でした。

 

 

「新婚初日に離婚危機」をスマホで、無料試し読みする方法はこちら>>>

 

 

29歳「鉄の処女」

 

 

トモ子は29歳。

容姿端麗、才色兼備。

 

 

女子高から大学へ。

そして、母校の教師になります。

 

 

友人たちからは、ニブイ?オクテ?高望み?

とからかわれるくらい、男性に縁がありません。

 

 

ですから、29歳になった今も「処女」。

みんなは、「鉄の処女」と揶揄します。

 

 

そんなトモ子が高校をクビになってしまい、

転職を考えていた時、お見合いの話が舞い込みます。

 

 

これもある意味「転職」と考え、

一度のお見合いで、結婚を決めてしまいます。

 

 

結婚相手の折原は、いわゆるイケメンで、

研究所に勤めています。

 

 

誰もが羨むこの結婚に、

ひそかに暗雲が立ち込めます。

 

 

「新婚初日に離婚危機」をスマホで、無料試し読みする方法はこちら>>>

 

 

一本の電話

 

 

夫の正雪は、家事になれないトモ子を、

温かく見守り、かいがいしく手伝います。

 

 

そんな絵にかいたような幸せな新婚生活に、

一本の電話が水を差します。

 

 

正雪に宛てた留守番電話を、

トモ子と一緒に聞きます。

 

 

今の夫と別れて帰国する。

正雪のことを愛しているというものでした。

 

 

正雪はごまかしますが、

さすがに取り繕えないと察し、すべてを話します。

 

 

相手の女性には夫がいて、

夫の海外転勤が決まり、それをきっかけに別れた。

 

 

しかも、別れて一人になった淋しさから、

トモ子との結婚を決めたというのです。

 

 

結婚翌日というのに、

何とむごい仕打ちでしょう。

 

 

「新婚初日に離婚危機」をスマホで、無料試し読みする方法はこちら>>>

 

 

夫の元カノ

 

 

トモ子は、正雪の留守中に、一枚の写真を見つけます。

その写真には、真実が写っていたのです。

 

 

正雪は、「過去」だと言いますが、

トモ子は、「未来」かもしれないと言います。

 

 

夫婦喧嘩というより、

冷静で、さめた会話が続くのでした。

 

 

そして、トモ子も、ついに胸のうちを明かします。

ついに、驚愕の真実が、、、。

 

 

二人は、離婚してしまうのでしょうか?

それとも、遺恨を残し、泥沼化していくのでしょうか?

 

 

「新婚初日に離婚危機」をスマホで、無料試し読みする方法はこちら>>>

 

 

次回「新婚初日に離婚危機」【二人の未来】のネタバレはこちら>>>

 

 

スポンサーリンク